節約と労力のバランス / CTO’s Office vol.19

 
 

このサイトも8月に発足してから既に4ヶ月が経過、うちの会社としてもコーポレートサイトや企業向け研修をITで支えるウェブアプリケーションなど、さまざまなウェブコンテンツをつくってきました。それらを提供するために、さくらVPSという仮想サーバーサービスを利用してきたのですが、どうも最近調子が悪くて困っていたのです。

調子がわるいというのは、偶発的にサイトがすごく重たくなってしまい、サーバーが超過負荷状態に陥るという症状です。処理待ちの仕事がものすごい数溜まった状態になってしまっていることになってしまい、ウェブアクセスどころか、それを治すために何かしようにもなかなかままならず、という状態が結構頻繁に起こるようになってしまっていたんです。

それだけの高負荷状態も偶発的に発生するものですからなかなか原因を特定できなかったのですが、まぁ強いて言えばメモリが不足気味になっていたので、DTIが提供する「ServersMan@VPS」のメモリが大きめのサービス(それまでの3倍、費用は2倍程度)のお試し申し込みをして検証していたのですが…それでも結局状況は改善されず。うーん困ったということでいろいろまた調べていたら、どうもこのサイトを閲覧する度に気になるエラーが発生していることがわかったんですね。

もしかして、このサイトに組み込まれているプログラムにバグがあって高負荷を生み出しているのかもしれない…と思ってまたいろいろと調べてみても結局バグではなさそう。ただ、依然として稀に発生しているエラーをよくよくみてみると、それはやはりメモリの不足に起因するものだったのです。

メモリを3倍にまで増やしたのだから、メモリはもう問題ではないだろうと高をくくっていたのが間違いだったんですね。というわけで、社長に予算を相談し、メモリを最初の8倍、費用は5倍程度のサービスにして再度トライしたのです。そうしたら…なんとも快適なアクセスが実現されました!!!いつもご訪問いただいている方はもしかしたらその差を感じていただけるかもしれません。

しかし、今回は費用を抑えることを優先的に考えて対処しようとしてしまったがために、なんだか余計な労力をたくさん使うことになりもったいないことをしてしまいました。お金でささっと解決できることならまぁそうしたほうがいいのですが、いまはどうしても固定費を抑えたいですからね。今後はもう少しバランスの良い判断をできるようにしたいですね。

ちなみに、今回はさくらインターネットの「さくらのクラウド」というサービスを使ってみました。またメモリが少なくなったり、ディスク容量が足りなくなったら、サーバーの移転をすることなく、オンデマンドで必要に応じて増やしてゆけるのでとっても安心です。皆さん、どんどんアクセスしてくださいね!

ところで、来週はついに20回目。何を書きましょうねぇ。

 

グローバルアストロラインズ株式会社

松村 有祐

 
節約と労力のバランス / CTO’s Office vol.19  

Tags

Related Posts

  • No Related Posts
 
 
突貫工事型英語トレーニング – English Boot Camp
キャンプの効果    特徴紹介    受講者の声