今更iPhoneの話 / EYE’s OPENING (海外の視点) vol. 29

 
 

iPhone4S、売れてるみたいですね。…かくいう筆者も使っております。

 

 

今日はそんなiPhoneのお話。

このiPhoneには、日本メーカーの部品がどれだけ使われているでしょう?

昨年12月17日付ウォール・ストリート・ジャーナルがアジア開発銀行研究所などの資料を引用して明らかにしたデータによると、iPhoneの部品のうち日本製が占める割合は34%と、断トツだそうです(2位はドイツの17%、3 位は韓国の13%)。

日本の製造業も捨てたものじゃない!とも思えます。

 

 

 

 

 

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

 

かつて、日本のメーカーの雄であるソニーは、ウォークマンを生み出し、つまりイノベーションを起こし、携帯型音楽プレーヤー市場を席巻しました。

 

そんなソニーもiPhoneについて考えれば、「カメラ部品メーカー」に過ぎないとも言えるわけです。

 

 

やはり、「多角的な視点で物事を見る」ことは大切だな…と思いました。

 

 

以下の2つの記事を見てみてください!

(参考記事)

http://www.news-postseven.com/archives/20111027_67316.html

http://blogos.com/article/22037/

 

 
 
 
突貫工事型英語トレーニング – English Boot Camp
キャンプの効果    特徴紹介    受講者の声