ホーム » Posts tagged 'canada'

  • 日本マクドナルド、原田社長退任 / Today’s Words Vol. 265

    日本マクドナルド、原田社長退任 / Today’s Words Vol. 265

    08/27, 6:00

    日本マクドナルド、原田社長退任 日本マクドナルドホールディングスによると、原田泳幸氏は幅広いグローバル経験を持った新たなカナダ出身のリーダーとともにマネジメントを強化するため、事業会社の日本マクドナルドの社長を退任した。
    read more

     
  • カナダ版サッポロビールCM / EYE’s OPENING (海外の視点) vol.20

    カナダで放映されたサッポロビールのCMです! 相撲や和太鼓など、日本の伝統的な要素を多く盛りこんだ「超日本っぽいCM」なのですが、実は監督はカナダ人、撮影場所は中国だそうです。
    read more

     
  • 第5話: サプライズ / 平井百合子

    (あぁ〜・・・人を変えるのって本当に難しいんだ・・・)     私の帰国も1ヶ月後に迫った7月。 平穏なホストファミリー宅で、ある問題が起こっていた。
    read more

     
  • 第8話: グローバルを目指す皆さんへ / 竹川隆司

    第8話: グローバルを目指す皆さんへ / 竹川隆司

    10/27, 0:01

    「留学は、世界平和への第一歩」   大変お世話になった留学カウンセラーの方から、以前こんな言葉をいただいたことがある。「そりゃ言い過ぎだろう」とか、穿った見方をすれば「そりゃ、留学カウンセラーだから、それくらい言うよね」とか思われるかも知れないが、真意はもっと単純なところにある。
    read more

     
  • 第4話: MY WAY –元旦ダイブ- / 平井百合子

    私は寒いのが大の苦手だ。     小学校の水泳の授業で、紫色の唇でプルプル震えてた。 -Yes 冬になると布団から出てこない。 -Yes おしゃれよりも防寒をとる。 -Yes もちろん、冬より夏が好き。 -Yes!!
    read more

     
  • 第3話: 手に入れてよかったモノ、よくなかったモノ / 平井百合子

    「留学で10キロ太った」     留学前、そんな留学武勇伝をよく耳にした。 加えて友人らに「1年後のデブ百合子、楽しみにしてるね♪」と重ね重ね言われると、留学中の食生活が心配になってきた。
    read more

     
  • 第2話: ブレークスルー(始めよう。今の自分にできること。)後編 / 平井百合子

    家に着くなり、私は部屋にこもった。 来週のプレゼンの事が頭から離れなかった。 しかも、他の講義クラスの初日も控えていた。   よく漫画なんかである、斜が入ったキャラクター。 あんな感じでベッドに腰掛け、しばらく呆然としていた。     「コンコン」
    read more

     
  • [0014] 私費留学 -何だってチャンスだ- / 平井百合子

    「幸せは心の持ちよう」———それがモットーの彼女が英語もろくに話せない状況で臨んだ1年間のカナダ留学。どんな状況だって、心の持ちようで何とかなる!楽しくなる!刺激的になる!それを体現するストーリー。留学を考えている方や留学中の方はもちろん、なんか息詰ってきたな〜という日本で生活する方々…必見です。
    read more

     
  • 第1話: ブレークスルー(始めよう。今の自分にできること。)前編 / 私費留学 -何だってチャンスだ- / 平井百合子

    (私まであと15人...12人.....) 私は途中で、自分のような「留学生」が他に一人もいないことに気づいた。     バンクーバー郊外の大学の一室で、Public Speaking(いわゆるプレゼン)コースの履修者による「1分間自己紹介」が行なわれていた。   私も履修者の一人。 隅っこの席に座り、冷や汗ダラダラで自分の番を待っていた。   (10人...7人.....)   「1分じゃ足りないわよ!」 と言わんばかりにツラツラと自己紹介していくクラスメイト達。     (やばい。   やばいやばい...   変な事に気づくんじゃなかった。
    read more

     
  • [0004] 「日本発グローバル」の出発点 / 竹川隆司

    [0004] 「日本発グローバル」の出発点 / 竹川隆司

    08/31, 13:46

    学生時代、カナダへの短期留学プログラム中に出会った1人の韓国人留学生の挑戦的な一言。返す言葉が見当たらず悔しい思いをした。しかしそれが「語れる自分」を持って世界を目指したいという大きなきっかけとなる。自らを深く知り、世界を理解し、真のグローバル人を目指して邁進する筆者の奮闘を届けます。
    read more